浄土真宗本願寺派 小倉御坊 永照寺
永照寺
メニュー
 

チワワはチワワ。ワタシはワタシ

「わたしには子がある。わたしには財がある」と思って愚かな者は悩む。
しかしすでに自己が自分のものではない。
ましてどうして子が自分のものであろうか。
どうして財が自分のものであろうか。          『法句経』

 

昔の日記から…

チワワが暴走している。必死でおいかける丸刈りの中学生。

中学生のただならぬ様子を察知したタクシードライバーが一緒にチワワを追いかける。

傍らに車を停めて、私もチワワを追いかける。

駐車場の片隅に追い詰められたチワワ!

飼い主でもないのに私が、吠えるチワワを抱きかかえた。

予想通り噛まれ、腕に血が滲む。

中学生に

「捕まって良かったね。はい」

とチワワを渡すと

「僕の犬じゃありません」

え!!!…タクシードライバーの顔を見ると

手をブンブン振って『NO』をアピールしている。

なんともいえない空気が流れる。

しばし立ち尽くしていると、向こうから70歳位の女性が走ってきた。

『ついに飼い主が現れた』安堵の気持ちで、女性にチワワを渡す。

「私の犬じゃないよ。みんなが走っていたから見に来たのよ」とのこと。

結局、近所に住むという この女性がチワワを預かってくれることになった。

一体あの犬の飼い主は誰だったんだろう?

帰りの車中『?』の花が咲き乱れる。

飼い主・持ち主・所有者。全て人間の決めごとであって

チワワはチワワ。ワタシはワタシ。

誰のものでもない命が ただ・ここに与えられているだけなのかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


アクセスAccess

〒803-0814
福岡県北九州市小倉北区大手町16-16

tel:093-582-7676

tel:093-582-7676