適度な距離

禅に「一挨一拶(いちあいいっさつ)」という言葉がある。
師と修行者、あるいは修行者同士が出会ったとき、言葉や動作で互いに相手の悟りの深浅などをためすことを言う。「挨」は軽く押すこと「拶」は強く押すことで、合わせて押し合うさまを表している。一瞬の動作の中に、思想や品格や経験が集約されているということだろう。また、相手との距離感を考えさせられる言葉でもある。

先日うどん屋にて、1人の女性定員が注文をとりにきた。「何になさいますか」と言いながら、顔を近づけてきたのだが、その距離20センチ。思わず、のけぞってしまった。距離に対する感覚が違う。

人間という言葉は間と言う字が出てくるが、どの位の間なのかは出てこない。クマを作りながらメールを打ちあう高校生が沢山いると聞いた。メールにより距離を縮めようとするのだが、近すぎて角が刺さりあっている。他人の冷蔵庫を勝手に開ける主婦も多いらしい。相手の全ての情報を知っていないと納得できないカップル達。未知な部分も大切なのにね。たまに我に返り、適正距離を熟考しましょう。

『親切が過ぎると怨まれます。親し過ぎると疎まれます』
体操しても手がぶつからない位の適度な距離を保ちながら、お互いが各々輝けていければいいなと思う今日この頃である。

(平成26年2月の法話 担当:村上 慈顕)

お悩みがあるときは匿名でいいのでメールをください。できる限りお応えできるよう努力します。
メール info@eishouji.or.jp

 
HOME住職挨拶永照寺沿革境内ご案内年間行事団体活動紹介道案内お問合せ
  〒803-0814 福岡県北九州市小倉北区大手町16-16 tel:093-582-7676/fax:093-591-4989
copyright Eishouji & photo by Nomura all rights reserved.  個人情報について