ナムアミダ
この道は どこで倒れても 倒れたところが目的地

今月のことばは、念仏詩人「竹部勝之進」(1905〜1985)のことば

一本道、一本道、
この一本道を見つけて
ゆきましょう
この一本道は
どこで倒れても
倒れたところが目的地

を掲示用に、少し変更しています。

私たちの人生でする仕事は、時と場合により、やり残すこともありますが、私が仏になるという点では、すべて仏様の方で仕上げられていますので、足りないものは何一つありません。竹部さんは、そのことを、南無阿弥陀仏の味わいとして「一本道」という詩にされました。

私たちは、どれほど胸の内のすべてをさらけ出して生活しているでしょうか。 誰にも知られようのない、悲しみや苦しみ、そして弱さをたくさん抱えて生きています。つまり、外からは見ることのできないものをたくさん抱えています。

阿弥陀さまは、そのような、外からは決して見ることのできない悲しみも苦しみも、すべて知っていてくださいます。すべて見抜いてくださったうえで、「あなたを必ずお浄土へ往(ゆ)き生(う)まれさせる」と、私のすべてをまる抱えしてくださっています。

阿弥陀さまの本願は、一人一人の「いのち」を、かけがえのない大切なものと認め、分けへだてなく、「あなたがどのような人生になろうとも、必ず浄土へ生まれさせる」と喚び続けてくださっています。いつでも、どこでも大悲の中、だから、どこで倒れても、倒れたところが目的地なのです。

(平成31年1月の掲示板)

お悩みがあるときは匿名でいいのでメールをください。できる限りお応えできるよう努力します。
メール info@eishouji.or.jp

 
HOME住職挨拶永照寺沿革境内ご案内年間行事団体活動紹介道案内お問合せ
  〒803-0814 福岡県北九州市小倉北区大手町16-16 tel:093-582-7676/fax:093-591-4989
copyright Eishouji & photo by Nomura all rights reserved.  個人情報について